二段階右折

右折したいだけなのに、それを二段階に分けるなんて、無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!原チャリじゃないんだからさ!

今まではそう思っていた。

ただ、自分の会社を始めてから、二段階右折をたくさんするようになった。

個人の時は「合理的であることが全て」って感じだったから、「二段階右折ほど意味がないものはない!」、

そう思っていた。

だから、最初はそういうマインドで運営していたもんだから、

無理やり一発で右折しようとして、多くの壁にぶつかった。(色々なところで拒否されたりね)

超激突したよね。

で、気づいたんだ。

ここでショートカットしちゃダメなんだって。

二段階で右折しても良いんだよって。

で、自分に対して二段階右折を許可したんだ。

すると、その瞬間から目の前にあった壁がフッと消えるようになった。

だから、レベルを上げるために段階を踏む、それもOKということにした。

そうしたら色々と思い通りになるようになってきたよね。

それでレベル上げが楽しくなってきたよね。

人生ってドラクエと一緒だなと最近良く思う。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です