CCTIPを使うと独自トークンをSNSで配布できる

先日始めたCCTIPですが、

こちらのサイトを使うと独自トークンをSNSで配布することができるようになります。

まず、最初にElectron Cash SLPというアプリをインストールして、SLPトークンをビットコインキャッシュブロックチェーン上に作成しておきます。

私がやった時は$1未満でトークンを作成できました。

作成したら、CCTIPに行って、発行したSLPトークンをリスティングさせます。

これは$0.01以内で作成できました。

DiscordとTwitterの両方に対応させるなら、$0.02かかるといった感じです。

で、リスティングが終わったら、

発行したSLPトークンの一部をCCTIPのTwitterやDiscordページに送金します。

で、その後はTwitterでコマンド打ったりDiscordでコマンド打ったら、独自トークンの配布を始められます。

あとは、CCTip SWAPのページに行って、独自トークン対USDT/ETH/DOGE/TRXのペアでリクイディティ(流動性)を追加してあげることで、

ユーザーに独自トークンを別の仮想通貨に交換してあげるインセンティブを作ってあげるとグッドです。

出口のない独自トークンより、やっぱりあった方が魅力的ですからね。

私の場合はASOBIトークン(私の作ったトークン名)対DOGEのリクイディティを追加をしています。これでASOBIトークンを貯めれば、一応DOGECOINに交換することができるようになっています。

投稿日:
カテゴリー: BitcoinCash

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です