に投稿 コメントを残す

SmartBCHでNFTを作成や売買することについて参考にした動画

今回はSmartBCHネットワークでNFTを作成する際に参考にした動画を紹介しますね。

に投稿 コメントを残す

BeatStarsのBeat ID

Beat IDというサービスが始まりました。

曲をアップロードすることで、SNSの中で自分の曲がどこで使われているかを検索できるサービスです。

サービス開始当初は25+サービスで検索されるようです。

Where does Beat ID track your music?

Beat ID will be able to find uses of your beats/songs on YouTube, Apple Podcasts, Audiomack, Dailymotion, TikTok, Instagram, Spotify Podcasts, Twitter, Datpiff, Facebook, Gfycat, Giphy, Imgur, LiveLeak, MixCloud, My Mixtapez, Oddshot, OK, Pear-video, Reddit, Soundcloud, Streamable, Tenor, Triller, Twitch, Twitch Clips, Vimeo, VK

https://www.beatstars.com/beat-id

値段としては1曲当たり$10/月なので、値段は高いです。

でも、YouTube以外のサービスのどこで誰があなたの曲を使っているかが分かるという意味では良いかも知れませんね。

あなたの曲が見つかっただけではマネタイズできるわけではないようです。

その見つけた曲をBeatStars Distributionを通してYouTube Content IDに登録するか、BeatStars Publishingと連携することでマネタイズが可能になるようですね。(日本でBeatStars Publishingを利用するためにはJASRACにアーティストの登録をしないといけないようですが。。)

What should a musician do after discovering that a song of theirs is being used?

If you discover that someone has used your beat, you can use that information to start your collection journey all within the BeatStars Platform. Here’s how:

1. First, you can use your discovered information with Beat ID to register and distribute your beat through BeatStars Distribution. Once you distribute the beat, you can enable YouTube Content ID. Every time this beat generates money on YouTube, you will be able to collect and keep 100% of the ad revenue. Just make sure that the beats you distribute are only being sold as non-exclusive licenses.

2. Second, you can use the information that you discover from Beat ID to search and see if the song has been released to DSPs. If it has, you can now sign up with BeatStars Publishing, then register and collect your share of the music publishing generated by the song.

https://www.beatstars.world/blog/beat-id-101

私は現在BeatStars Publishingは使っていませんし、曲が300曲以上あるので、値段的に$10/月で全ての曲をBeat IDに登録するのは現実的ではないと思うので、

しばらくは静観しようと思っています。

紹介動画は以下になります。では!

How to Use Beat ID

に投稿 コメントを残す

ReasonでBeat MapのMIDI情報をAbleton Liveに録音する方法

備忘録として残します。

役に立つビデオを見つけたので、ここに貼り付けますね。

05:14から06:15の間を見ましょう。
  1. Ableton LiveのMIDIトラックを作り、Reason Rack PluginのBeat Mapを開いてください。 MIDI OUTデバイスが信号をトラックに書き出す役目を果たします。

2. 別のMIDIトラックでReason Rackプラグインを開きます。この場合、KONGを開きます。

3. MIDI Fromの設定をBeat Mapが設定されているトラックに設定します。 その後、MIDI Fromの設定のすぐ下で、Reason Rack Pluginを選択します。次に、MonitorをINに設定します。

こうすることで、Beat MapのMIDIがKONGが設定されているMIDIトラックに流れていきます。

KONGで正しく再生されていることを確認したら、BEATMAPの設定を調整して、欲しいグルーヴで鳴っているかを確認します。

完了したら、アレンジモードで録音します。

最後に、MIDI FROMを元の設定に戻し、MonitorをAUTOに戻して終わりです。

に投稿 コメントを残す

大人になっても音楽をやっていくための方法、それは「複数の収入源を作ること」

音楽で生きていける人、

そういうことができる人生は素晴らしいと思うと同時に大変かも知れません。

でも、もし音楽そのもので生きていけなくても、

自由な時間をいっぱい作って、その自由な時間を音楽制作に費やしたいという人はたくさんいると思うのです。

今日はこのように思っている人達が、人生の中でどうやって自由な時間を作っていくかという話をしていきますね。

いきなり答えを言いますが、それはタイトル通りで、「複数の収入源を作ること」なんです。

複数の収入源を作ることで、なるべく自分自身が仕事をしないといけない時間を減らしていくわけです。

自分自身が常に忙しかったら、音楽を作りたくても作る時間がなくなるわけですから、自分自身の手を空けるにはどうすれば良いかを考えるわけです。

自分自身に時間が出来れば、それをあなたが使いたいことに振り分けていくことができるようになります。

だから、「複数の収入源を作ること」を実践していきましょう。

そのためには得意分野を使いましょう。得意分野は人によって違いますね。

だから、あなたにとって得意分野って、

それはYouTubeなのかも知れない、それはブログ運営なのかも知れない、それはアフィリエイトなのかも知れない、それは会社運営なのかも知れない、

人それぞれです。

あなたの得意な分野で複数の収入源を作っていくこと。

それで自分自身の手を少しでも空けていくこと。

そして、その空いた時間で少しでも多く音楽制作をする時間を楽しむこと。

これが人生で自由な時間をいっぱい作って、その自由な時間を音楽制作に使うということなのです。

に投稿 コメントを残す

全てのSNSを制覇することはできない

音楽活動をやっていると色々なSNSをやることになると思います。

でも、よく見れば分かりますが、

全てのSNSを制覇している人はいません。

YouTubeではフォロワーがたくさんいるのに、SoundCloudでは全然人気が出ない人もいます。

Instagramではフォロワーがたくさんいるのに、Twitterでは全然人気が出ない人もいます。

Spotifyではフォロワーがたくさんいるのに、YouTubeでは全然人気が出ない人もいます。

これって普通のことです。

やっぱり自分が得意とする場所があるのが普通ですから。

でも、「私はYouTubeではフォロワーがたくさんいるのに、なぜSoundCloudでは全然人気が出ないんだ?」

とか

「私はInstagramではフォロワーがたくさんいるのに、なぜTwitterでは全然人気が出ないんだ?」

とか

「私はSpotifyではフォロワーがたくさんいるのに、なぜYouTubeでは人気が出ないんだ?」

とかやると疲弊します。

この世界はじゃんけんだと思ってください。

グーもチョキもパーも最強ではありません。

何かに強くなるということは何かに弱くなるということです。

逆に、何かに弱くなるということは何かに強くなるということです。

SNSをする時は心の平和を大切にしてください。

したがって、余計な考えが出るようだったら、SNSを正しく利用できていないということです。

あなたはそのままで大丈夫です。

背伸びした自分ではなく、そのままの自分を出していくようにしてください。

に投稿 コメントを残す

ループ等を販売している場合、YouTube Contents IDに入れるのはおすすめしない

ドラムキットを販売している場合等は良いのですが、

自分のトラックのドラムや上ネタだけを抜き出して、ループを作って、そのループを顧客に販売している場合は、それらのループをYouTube Contents IDに入れることはおすすめしません。

なぜならそのループを購入した人がループを使って作品を作り、YouTubeで動画を公開したら、その動画がContents IDシステムによって動画がフラグされてしまうからです。

そして、その動画をアップした人達は異議申し立てをする可能性がとても高いからです。

Airbit内のFAQにも注意書きがありました。

Can I Monetize Loops/Sounds I Sell In Sound Kits?

If you are creating loop kits from beats you sell, any matches made for loop usage will be released, and if the majority of matches being made are because of the loops being used, we may remove you from the program without warning.

https://support.airbit.com/article/208-can-i-monetize-loops-sounds-i-sell-in-sound-kits

とあります。

販売しているビートの中からループキットを作成している場合、ループが使用されたことが検知されたマッチはすべてリリースされます。マッチの大部分がこれらのループによるものである場合、警告なしにContents IDプログラムから抹消される場合があります。

と。

つまり、自分のビートで使っているドラムやサンプルループをループ単体でYouTube Contents IDに登録すると、ループ購入者にも迷惑がかかるし、AirbitのContent IDプログラムからも追放されてしまう可能性が高まります。

したがって、YouTube Contents IDに自分の作品を登録したい場合は、「フル尺のビート」だけにしておきましょう。

に投稿 コメントを残す

withコロナの時代について思うこと。

最近、東京では感染者数がめちゃくちゃ減ってますし、

これはメディアによって数字がごにょごにょされているだけなのか、

本当に数値が減っているのかどうかは分かりません。

でも、確実に言えるのは、

緊急事態宣言が撤廃されてから

街には人が完全に戻ってきているということ。(密になってきている)

そして、マスクをする人が結構減っていること。(コロナになっても怖くない人と思っている人が増えた)

先日車で中目黒の駅を通り過ぎましたが、

スタバが混雑しすぎていて、

見ているだけで「密だなぁ!」と思った次第です。

ワクチンを接種した人々が「自分がコロナにかかっても重症化にはならないんだろうなぁ」と心底安心したからなのか、

ビフォーコロナの雰囲気がなんとなく戻ってきているなぁと。

だから日本人にとって「withコロナ」って、コロナを無視して生きていく時代なのかなぁ〜と感じざるを得ません。

でも、私にはこれって違和感にしか感じません。

なぜかというと、

つい最近まで「コロナが起きた2020年から2021年にかけて、仕事をリモートワーク等に切り替えたりして、今まで自分がどれだけ働きすぎていたのかに気付かされた。これからは休んでも良いんだ。今までの忙しさはなんだったんだ?休んでも大丈夫じゃんか。あれだけやっていたミーティング、実は必要なかったじゃないか。以前のような仕事漬けの人生から解放されて安心した」みたいな記事を書いている人達を様々なところで見かけていたのですが、

最近ではコロナが終息しそうな雰囲気になってきて、上記のように言ってた人達がまた以前のコロナ前の生活に戻ろうとしていることに対して違和感を感じるのです。

私からすると、

「あれ?あれだけ言ってたのに、もう元に戻ろうとしているの?」

と感じてしまうのです。

コロナで人類は色々と勉強したはずなのに、また何も考えずに以前のような生活に戻ろうとしたら、人類って一体コロナから何を学んだんだ?と疑問に思ってしまうのです。

というより、仮に以前の生活に戻ろうとしたとしても、それは一時的には戻れるかも知れませんが、金融的にも経済的にも時代的にも、長い目で見たら、以前の生活様式ってうまくいかないような気がしてならないのです。

だから、2020年から2021年にかけて地球で起きたことって、一時的な話ではなくて、これからの人類の在り方を問われたのではないのかなと思っています。

だから「withコロナの時代」って、

また単純にみんなで蜜なところに集まって「大衆向け」のサービスを楽しむライフスタイルではなくて、もっと遠隔で日本中の人、いや、世界中の人と繋がっていける時代になっても良い気がしているんです。

そのためには、それぞれの個(個人)が

ブログやYouTube、SNSを通して、自身を発信していき、

自分と共鳴する人達と小さな村を無数に作っていく「縄文時代スタイル」の世界になっていって欲しいと私は感じています。

に投稿 コメントを残す

[ラップ] 現実マリオ / B.B. Star

Rap: B.B. Star
トラック: Genx Beats

歌詞:

ワンダフルなところ3次元
時間を足したらそれ4次元
その上にあるのは5次元
今ここは「マリオ」のようなもんだ
上にいるプレイヤーに動かされて
色々な穴にも落ちて
ライフがなくなってゲームオーバーなって
それでも何回でもやり直して
もっとうまく操作しろ 下手なら設定簡単にしろ
地形を全部選んでる
だったら穴の数を減らせよman
今から設定を変更変更
人生は簡単よイージーモード
それと無限の1UPで堂々
やってけば良いんじゃない

に投稿 コメントを残す

[ラップ] 本当の自分 / B.B. Star

ラップ: B.B. Star
トラック: Genx Beats

歌詞:

フック:
本当の自分を生きるためにもyo
hey hey hey hey 決めようよ

Yo, 人生の時間は短い
やりたいことやらなきゃいけない
分かってんのに時間だけ過ぎていく
そろそろ動き出す
できない理由はもうないない
言い訳なんてもう言わない
誰がなんと言おうとそれをやれやれ
邪魔するやつは別れてでもやれ
そうしないと魂が叫び続ける声でかくなり
今日があんたの最後の日
だったら何をやりますか?
そう自分に聞いてみたら
答えはもう出てるから
怯える日々にはもうこりごり
恐怖に打ち勝つよ Finally
やらなきゃ自分の中でも後悔
鎖を外して心が爽快
止まっちゃいけない You Don’t Stop
また助けられたよ Hip Hop

-フック-

「あんたがさ、言ってること分かるけれどいずれ戻っちまう」
そういう時には原理を知れ
仕組みを知れば解決目前
氣合いならいつか燃え尽き
必要なのは心から決意
決めたようで決めていない
かわいそうな自分を演じていたい
That is a choice 選択肢
でも決めれば変わるよ quantum leap
住んでる世界を一瞬でシフト
この新しい世界へようこそ
こんな感じ
Woo Wooじゃない
科学で実証された脳の仕組み
人間の中に眠る力無限
解放してあげるだけ
やる氣が出たら テレビを消しな
悪影響をシャットダウンしときな
全てはchoice
choice, choice, choice
決めるだけ、たったそれだけ

-フック-

に投稿 コメントを残す

[ラップ] ハイな氣持ち / B.B. Star

ラップ: B.B. Star
歌: Vocaloid
トラック: Genx Beats

歌詞:

-フック-
言葉にならない(君に夢中さ)
なぜかわからない(あんたが好きなんだ)
直感か本能か(That’s right, That’s right)
もう止められない

Hey Yo
What’s your name?
ちょっと氣になるあんたのことチラっと見てると
I’m checking you out, but you’re checking me out too
なんか吸い込まれてしまいそう、その目、目
それとしぐさね、ね
なんか素敵なlady 何考えてるか分からない生命体
High、Highな氣持ちになるのはなぜだい
しょうがない
これはもしかしてあの例の症状
ズキューンってするけどあんたはどうなの?
もっと知りたいあんたのことを
ファンタジーじゃなくリアルなことを
ナンパじゃないけど最初のひと言は
Hey, how you doing?

-フック-

Verse 2, 良い匂い
シャンプーの匂いが良い感じ
嗅覚が刺激されてロックオン
あんたに夢中だ ゾッコン
季節のせいか氣持ちのせいか心が踊りまくるぜ baby
Tell me what you want
Whatchu Whatchu Want?
B.B. Star’s gonna give it to you baby
今週末デートに決定
美味しいものでも食べて
色々アイディアあるからさ
プランAからZまで
どのシナリオもハッピーエンド
帰り道は手を繋いでるよ
始まる前からなぜか分かってる
絶対に決めてやる Pshhu!

-フック-