に投稿 コメントを残す

ビットコインキャッシュの仮想通貨としてのメリットとデメリット

今回はビットコインキャッシュが仮想通貨として持つメリットとデメリットを解説していきます。

ビットコインキャッシュのメリット

中央機関に依存していない

ビットコインキャッシュの世界は従来の法定通貨のように中央機関に依存していません。政府や中央銀行が仮想通貨を発行しているわけではないので、中央機関が供給量を任意に変動させて価値を自由自在にコントロールするようなことはできません。

ビットコインキャッシュの供給量の増え方はあらかじめ「プログラミング」されているのであとから変えることができないようになっているのです。

また、法定通貨ではお金を預けるときに銀行が中央集権の役割を果たします。銀行は会社ですから、銀行にお金を預けたら、資産の管理を銀行に任せることになるのです。

一度銀行に預けたら最後、その後の口座が差し押さえられるかもしれませんし、銀行が取り付け騒ぎに遭って潰れてしまうかもしれませんし、預金封鎖が行われるかもしれません。

いずれにせよ、自分以外の人に資産の管理を任せてしまうと、自分の資産に何が起きたとしても文句を言うことができなくなってしまいます。日本では過去に預金封鎖が行われた実績があるので、資産を銀行に預けた場合、預金封鎖が突然行われることを想定しておかなければなりません

ですから、中央集権化されたサービスを利用するときには最初から中央機関を信用する以外に方法はないのです。

このように中央機関が基盤を支配することをCentralization(中央集権化) と言いますが、ビットコインキャッシュのインフラのように中央機関を置かないことをDecentralization(非中央集権化)と言います。

ビットコインキャッシュの世界では「残高」の管理はブロックチェーンを通して行われているので、中央機関には依存していなく、残高を保存したり移動するときには最初から誰も信用する必要はありません。

信用できるのは目の前にある数字と自分だけになります。逆から言うと、「人のせい」にしかできないような人は仮想通貨には向いていませんので、従来の法定通貨の世界にいた方が幸せでしょう。

ビットコインキャッシュなどの仮想通貨は中央機関を信用できない人が、国などの強大な力と戦わずにして自分で資産を管理する手段だと言うことができます。

国境のない通貨で国の概念がなくなる

国が違えば、使用している法定通貨も違います。そのため、別の国に行く場合にはその国の通貨に両替しなければいけません。為替レートは日々変動しますし、両替するときに手数料もかかるため、両替ばかりしていたら損をしてしまいます。

しかし、ビットコインキャッシュには国境がないので、(取引相手がビットコインキャッシュを受け付けてくれる限り)両替のことを考えずに利用することができます。つまり、あなたが住んでいる国は関係なくなるのです。

日本のビジネスもビットコインキャッシュ建て決済を導入すれば、海外のお客様をもっと引き込んでビジネスの展開がしやすくなっていくでしょう。

送金は国際送金より早くて手数料は格安

ビットコインキャッシュは銀行システムとは違い、週末・祝日・時間に関係なくいつでも送金可能です。

ビットコインキャッシュの送金はブロックチェーンによる「確認(confirmation)」によって行われます。したがって、ブロックチェーン上で取引が行われたら、その時点で送金は完了します。

また手数料も格安で、1ビットコインキャッシュを送るにも10ビットコインキャッシュを送るにも手数料はめちゃくちゃ安いのです。

チャージバックとは無縁

ビットコインキャッシュでは銀行振り込み、クレジットカード、PayPal支払いのようにチャージバック(組み戻し)の恐れはありません。チャージバック詐欺を防ぐことができることからビジネスを円滑に進めることができるようになります。

私は過去にEbayを利用してオークションでソフトウェアを売ったときにPayPalを決済手段に使ったところ、忘れた頃にチャージバックされたことがあるので、そのときは最終的に泣き寝入りするしかありませんでした。

ですから、チャージバックは私にとってリスクでしかなく、もう二度と体験したくないことなのです。やり取りも面倒くさいですし、お金が返ってこないならやり取り全てが無駄なので、もう懲り懲りなのです。

このようなことから、個人間取引でチャージバックを回避するためには仮想通貨建ての決済で決まりだと私は思っています。

ハイパーインフレ時にも対応できる

自国の通貨がハイパーインフレに陥ったとしても、あらかじめ仮想通貨に変えておけば、資産を(短期的に)守ることができます。

いきなりとある週末に預金封鎖が行われたとしても、銀行で長蛇の列に並びながらお金が引き出せなくなる心配をする必要はありません。なぜなら、仮想通貨の世界ではあなたの銀行はあなた自身だからです。

究極的には12個の単語を覚えれば、仮想通貨を脳内に保管しておくことも可能です。

ビットコインキャッシュのデメリット

投機的側面がある

ビットコインキャッシュなどの仮想通貨は投機的側面があり、ボラティリティが高く、暴騰暴落を繰り返しているため、価値の保存に向いていないと言う人もいます。

確かにそのままでは通貨価値を長期的に保存するのは難しいかも知れません。しかし、現在は暴落時にも通貨の価値を守るための方法がいくつも考え出されています。

例を挙げると、ビットコインキャッシュの価値が暴落する前にあらかじめビットコインキャッシュを法定通貨にペッグされている仮想通貨に変えておくことで、価値の下落を防ぐことができます。

間違えて違うアドレスに送ってしまったら終わる

ビットコインキャッシュを送ったり受け取るときにはビットコインキャッシュアドレスが必要になります。

このアドレス、めちゃくちゃ長い上に人間には読めない組み合わせの文字列なので、「コピペ」、または「カメラでQRコード読み取り」で正確に読み取らないと間違える可能性があります。

間違えて違うビットコインアドレスに送ったら最後、取り戻すことはできません。(チャージバック不可なので)

「コピペ」や「QR読み取り」を理解するところから始めないといけない、ITリテラシーに乏しい方にとっては最初は勉強が必要かもしれません。

でも、慣れたら簡単なので(カメラでQRコードをスキャンするだけなので)問題にはならないとも言えます。

国による価値の担保はない

政府や中央銀行はビットコインキャッシュを正式な通貨として承認していませんので、ビットコインキャッシュに何が起きようとも国は補償してくれません。

ビットコインキャッシュを持っていて、価値が暴落しようが、間違えて違う人に送金しようが、パソコンがウィルスに感染してウォレットがハッキングされようが、悪質な取引所にあなたのビットコインキャッシュを持ち逃げされようが、誰も保障してくれません。全ては自己責任だと言うことです。

自由を手に入れる代わりに全ては自分の責任になるのです。怖いですか?ワクワクしますか?それはあなたにしか分かりませんから、まずは自分の考えを理解しましょう。

また、国が規制に乗り出したらビットコインキャッシュの価値は暴落して使い物にならなくなるという人がいますが、それは早計です。

まず、国が禁止したところで、それは世界中にある国の中の一つが規制するだけであって、全世界で同時に仮想通貨が禁止されるというわけではありません。

規制した国から一歩でも外に出たら規制が外れることを覚えておかなければなりません。インターネットを規制しても、その国から出たらまた使えるようになるのと同じですね。

国とは何なのかをよく考えれば分かると思いますが、国って考え方が違う人の集まりなわけですよ。考え方が違うから土地に国境線を引いて「この線からこっちはうちので、この線よりそっちはあなたの」って人間が勝手にやっているだけです。

ですから、全世界の国が同時に「仮想通貨を禁止にしよう!」なんていう結論に至るわけないんですよ。少なくとも私はそう思います。

あと、暴落したら価値がなくなるからやばいと思うなら最初からビットコインキャッシュは触らないことです。

考え方によっては、ビットコインキャッシュをステーブルコイン等にあらかじめ変えておいて、ビットコインキャッシュが暴落したときに安値でビットコインキャッシュを買い戻して、ビットコインキャッシュの価格がまた上昇することを待って、その後にビットコインキャッシュを売れば利益を出すと考えることもできるわけですから。

あと、過去にあったギリシャ危機のときのように国家がだんだん保てなくなっていき、いよいよ国の通貨の価値がやばくなったときに国民の資産の逃避先として仮想通貨が利用されることも考えられるので、仮想通貨の価値は国が規制するから暴落するどころか、逆に上がることも考えられるわけです。(もちろんそれは自分で考えてくださいね。)

将来、国が次々と倒れ、国という概念が薄れていくかも知れません。そして、それをきっかけに仮想通貨による自由経済が発展していくかも知れませんし、それは誰にも分かりません。

自分の頭で柔軟に考えることが何より大切なのです。

コメントを残す