カテゴリー
ビート販売

販売するビートを絞ることの重要性

今日は販売するビートを絞ることの重要性について解説していきます。

さて、

あなたはビートを作りました。

かわいいビートちゃんをストアに載せました。

次の日もビートを載せました。

次の日もビートを載せました。

こうやって連日ビートをあげて行きました。

で、後から聞き返してみると、必ず「駄作」が混ざっているはずです。

どんなに頑張って作ったとしても、必ずいまいちだなぁ〜って思うトラックは出来てしまうものです。

でもビートを作った当日には分かりませんから、後日聞き直してみるのです。

そうしたら、どのビートが良くてどのビートがいまいちか、自分で聞いても客観的に分かったりします。

この時、いまいちなビートに気づいたら、そのビートはストアから消してしまいましょう。

「せっかく作ったんだし、もったいないし、誰か買ってくれるかも知れないし」と思うのは分かりますが、

それでも、それを残してしまうと何が起きていくかというと、だんだんクオリティを担保できなくなるのです。

ビートは数じゃなくて、質です。

イメージしてみてください。

Apple Storeの洗練されたストアラインアップを。

そこにはクオリティの低いプロダクトはないですよね。

同じように、あなたもクオリティの低いビートは間引いて、ハイクオリティのものを配置していく必要があるのです。