BeatStarsやAirbitをおすすめできる人とできない人

今日は私が個人的にBeatStarsやAirbitをおすすめしない理由について解説していきますね。

このサイトを見ているということはあなたは日本語が話せるということです。

あなたが日本人かどうかは分かりませんが、少なくとも日本語で検索するのが得意で、日本語で活動していることの方が多いはず。

そうじゃなければ、英語で検索していて、最初から当サイトではない英語圏のビート販売解説サイトに行ってたはずです。

でもこのサイトに来たということはあなたやあなたの周りには日本語を話せる人が多いはず。

ということは、あなたのお客さんになり得る方は日本人の方が多いのではないでしょうか?

もし「違うよ!私は外国人の友達の方が多いよ!それに私は英語の方が得意だし、英語のお客さんを相手にするんだ!」と言える方ならば、BeatStarsやAirbitを使うと良いでしょう。

でもそう言えない方は、BeatStarsやAirbitはおすすめできません。

なぜならインターフェイスそのものが英語ですから、

あなたのお客さんとなり得る方達は日本語の方が得意で、彼ら・彼女らがサイト上で英語が読めなくて迷ってしまう可能性があるからです。

迷ってしまうということは、「購入に至らない」ということに繋がり、セールスに影響が出てしまいます。

だったら、BaseやShopifyやWoocommerce等のオンラインショップを使うと良いでしょう。

これらのサイトは全て日本語化ができるので、チェックアウト時にお客さんを惑わせてしまうようなことはありません。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。