ビットコインをそのまま換金せずに使う方法

ビットコインを一度法定通貨に換金せずに、

そのままビットコインのままで商品やサービスを購入する方法を解説します。

やり方は二つ。

一つ目の方法は、ビットコイン対応のお店を使うことです。

ビットコインを受け付けてくれるお店をネットで探して、

そのお店を積極的に利用することです。

そしたら、あなたはビットコイン建てで商品やサービスを購入することができます。

二つ目の方法は、仮想通貨対応のデビットカードを使うことです。

Crypto.comのデビットカードやBinanceのデビットカードが有名ですね。

これらのサービスを使って、物理的にデビットカードを手に入れることです。

そうしたら、あらかじめそのデビットカードを仮想通貨でチャージしておいて、

カードにVISAって書いてあるのならVISA、MasterCardって書いてあるのならMasterCard(どのブランドに対応しているかは忘れてしまいました)

に対応しているお店に行って、そのチャージされたデビットカードで支払うことで、ビットコインで商品やサービスを購入することができます。

実際のカードの仕組みとしては裏側で法定通貨建てに換金されて代金を支払っているということになりますが、

ユーザーからすると、その部分は見えませんので、ビットコインをそのまま使っているという感覚で使えるわけです。

というわけで、今日はビットコインを法定通貨に換金せずに商品やサービスを購入する方法を紹介しました。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です