BitSharesが繋がらないときはどうすれば良いのか?

今日はBitSharesにアクセスしようとしても繋がらないときはどうすれば良いのかを解説します。

まず最初のステップとしては「リロード」すると良いです。リロードすることでアクセスできるようになることが多いですし、ほとんどの場合はそれで解消するでしょう。

次に、何回アクセスしてもコネクトできない場合は「待ち」が選択肢としては良いと言えますね。20〜30分待つと繋がる場合がほとんどです。稀に1時間くらい待たないと繋がらないときもありますが、待てるなら待った方が良いでしょう。

あとは、SettingからAccessに行き、Available Nodesから別のNodeに繋げることでアクセスできるようになることもあります。

他にも、BitSharesのダウンロードページから最新版のLight Clientをダウンロードして、Light Clientからアクセスするというのも良い選択肢だと言えます。

ただ、Light Clientを使う場合、常に最新版を使っていくように気をつけましょう。

投稿日:
カテゴリー: BitShares

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です