仮想通貨「BitUSD」が最強な理由

BitUSDは米ドルと同等の価値がある仮想通貨です。

1 BitUSDは1 USDと同じと考えることができます。ドルと同じ価値を持つことを「ドルにペッグしている」という言い方をします。

BitUSDの他にもUSDT(USD Tether)やOPEN.USDと言ったドルにペッグした仮想通貨は存在しますが、その中でもBitUSDは最強だと言えます。

理由は簡単でカウンターパーティ・リスクがないからです。

USDTはTether社が潰れたり、Tether社の資産が凍結されたりした場合は、USDTの価値はなくなります。

OPEN.USDもOpenledger社が潰れたり、USDとの1対1の交換サービスを取りやめたら、OPEN.USDの価値はなくなります。

つまり、USDTやOPEN.USDは他人のサービスに依存するので、あなた以外の人間の決め事に通貨価値が左右されてしまうのです。

しかし、BitUSDは違います。BitUSDを持っていれば、いつなんどきでも1ドル分のBTSと交換することができます。

BitUSDはブロックチェーンが発行しており、1 BitUSDを発行するために1ドル分以上のBTSを人間が触れない領域にロックしてあるので、人間の勝手な決め事に左右されることはありません。

会社が潰れようが、銀行が潰れようが、国が潰れようが関係ありません。いつでも好きなときにBTSに交換することができます。

例え1ドル=100BTSでも、1ドル=200BTSになったとしても、1 BitUSDはその時の1ドル分のBTSに交換することができます。だからBitUSDを持つことは銀行に預けたり、他人に依存する資産を持つよりもはるかに安全なのです。

投稿日:
カテゴリー: BitShares

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です