Genx Beats

音楽制作と配信に関する情報サイトとコンサルティング

トラック販売

ビート販売はすぐに結果を求めてはいけない

ビート販売で大切な心構えとしては、長期的にデーンと構えることです。

すぐに結果を求めてはいけないんですね。

まぁ、短期的に見て売れることもあるだろうし、単発で売れたりすることもあるだろうし、

パラパラまだらに売れることもあるでしょう。

それでも長期的に考えないといけないんですね。

やっぱり短期的にはブランドが浸透しないんですよ。

だからあまりちょくちょくいじるのは良くなくて、

ビート上げては放置、ビート上げては放置って感じで、

更新していくことに集中して、

お客さんが来てくれているかどうか、

音楽プレイヤーの再生数が回ってるかどうかで一喜一憂するのはやめてください。

これをやってると、成果が出ないことについて、

「私はダメだ」とか

「私のビートの何が悪いんだろう?」

とかいらぬことを考えては自分を責め始めて、

セルフサボタージを行うような行動に出てしまいます。

だからこそ結果は一旦手放すこと。

売れても売れなくても良い。

売れても売れなくても私は最高な人間には変わりない。

売れても売れなくても私は最高なビートメイカーには変わらない。

これが事実なんです。

だからネガティブなセルフトークに陥らないためにも結果を手放して、

長期的思考で臨まないといけません。

だから別の記事でも言ってますが、Airbitなどのサービスを借りるときは月額課金ではなく、年払いにした方が良いんですね。

覚えておきましょう。

Special Thanks:
Photo by Andrik Langfield on Unsplash

Genx Beatsのメルマガへの登録はこちら。

-トラック販売

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。