BitSharesでBrainkeyを設定する方法

BitShares 2.0以降で作成されたアカウントではBrainkeyというものを設定することができます。

Brainkeyがあればバックアップファイルをなくしてしまってもウォレットを復元することができるため、設定しておいた方が良いでしょう。BitShares 1.0からウォレットを「マイグレート」した人は、Brainkeyの機能を使うことができないので、この機会に新しいウォレットとアカウントを作成し直して、そちらに資金を動かした方が良いでしょう。

手順

1. 画面右上のSettingsのアイコンをクリックする。

2. Wallet Management Consoleのボタンをクリックする。

3. Backup Brainkeyのボタンをクリックする。

4. アカウント作成時のパスワードを入力する。

5. Show Brainkeyのボタンをクリックする。

6. 複数の英単語が表示されます。この単語を全て紙などに書き留めてください。終わったらVerifyのボタンをクリックします。

7. 本当に書き留めたかどうかの確認としてBrainkeyの再入力を求められますので、テキストボックスに入力してください。正しく入力しないと”Brainkey does not match, keep going…”と言われます。

8. 正しく入力されたら終了です。Doneのボタンをクリックします。

投稿日:
カテゴリー: BitShares

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です