に投稿 コメントを残す

簡単なことをやりなさい

気分的に待ちきれないからと言って、意味の分からない動きをしている相場にむやみに飛び込むのはやめましょう。
動きが分からない動きをしている時点で次も何をするのが分からないので、むやみにエントリーした場合にはそのトレードは低確率トレードになってしまいます。
こういうときはもどかしいかも知れませんが、何もせずにジッとこらえるようにしてください。それは相場の動きがハッキリしだして、次はどうなるか分かりやすい相場になるまでです。ようは難しいことにわざわざ飛び込んでいかなくても、分かりやすくて簡単な相場になってから勝負しましょうということです。相場はあるタイミングまで待つと、次の動きが予測しやすいというポイントが必ず出現します。こういう、誰の目から見ても明らかなシグナルが出ている相場になるまでひたすら待つことでいとも簡単に利益を頂戴するのです。
ここでのポイントとしては「シグナルが出るまで何もしない」というところです。言葉では分かっていても、実際に行うのは最初は難しいかも知れません。しかし、長期スパンで考えているトレーダーなら待つことができるはずです。逆にデイトレーダーなどの短期的スパンでしか考えていないトレーダーにとっては待つと言うことは死ぬほど辛いことかも知れません。しかし、理解して頂きたいこととしては、最終的には高確率トレードに徹した者が勝つことになるということです。
つまり、「毎日トレードで利益を出さなくてはいけない」というプレッシャーを受けながらトレードしているデイトレーダーよりも、長いスパンで利益を出そうと考えることができるスイングトレーダーや長期トレーダーにとって、「待つこと」で時間を味方に付け、事を有利に運ぶことができるのです。

コメントを残す