ビットコイン取引所がホスティングするウォレットのメリットとデメリット

今回はビットコイン取引所がホスティングするウォレットサービスを利用することに対するメリットとデメリットについて解説していきます。

先に申し上げますと、ビットコイン取引所がホスティングするウォレット(Exchange Hosted Wallet)はオンライン型ウォレットの一種だと考えると分かりやすいです。ただ、Blockchain.infoなどのオンラインウォレットと決定的に違うのは、取引所があなたの個人情報を把握しているということになります。

では、メリットとデメリットを解説していきます。

取引所・ホステッド・ウォレットのメリット

・取引所にアカウントを開設し、専用アプリをスマートフォンにダウンロードするだけで利用できるので、設定から利用開始まではごく簡単。

・ウォレットがインターネット上に存在するので、デバイスに関係なくウォレットを利用することができる。

・あなたのパソコンやデバイスが壊れても仮想通貨に影響はない。

取引所・ホステッド・ウォレットのデメリット

・何らかの理由で取引所アカウントが凍結されたら、仮想通貨にアクセスできなくなる。

・トランザクションに利用するビットコインアドレスがあなたの個人情報とリンクされているので、取引所からは友達との資金のやり取りが、友達からはあなたの取引所での資金の動きが簡単に見えてしまう。

・万が一取引所がGOXしてしまったら、資金がなくなり、返ってこない。

まとめ

私からすると、取引所がホスティングするウォレットを利用することのメリットよりデメリットの方が大きく感じてしまいます。したがって、取引所がホスティングするウォレットを普段使いのウォレットとしてはおすすめできません。

しかし、テクニカルなことがあまり分からない人でも簡単にビットコインを利用できるという意味では素晴らしい取り組みだと思います。

まとめると、取引所がホスティングするウォレットを利用するか、自身がコントロールするウォレットを利用するかが「ビットコイン初心者」と「ビットコイン中級者」を分ける、ちょうど境目になると言えるでしょう。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です