BitSharesで独自トークンを作成する方法

今回はBitShares上で独自トークンを作る方法を解説していきます。

BitSharesにアカウントが作成済みであることを前提でお話しを進めていきます。(BitSharesアカウントの作成はこちら

手順

1. 独自トークン(User Issued Asset)を作成するにはBTSの費用がかかるので、まずはあなたのBitSharesアカウントに必要なBTS費用を入金しておく必要があります。(アセットの作成費用は変動するのでFee Scheduleページからあらかじめ確認しておいてください

2. 左側のメニューからAssetをクリックし、Create Assetをクリックする。

3. アセットの作成画面が表示されます。設定項目が複数のタブで分かれています。まずは最初の画面でSymbol, Maximum Supply, Number of Decimal Points, Core Exchange Rateを設定します。User Issued Assetを作るので、Smartcoinと書いてあるオン・オフボタンはオフのままにしておいてください。

・Symbol –> 銘柄のシンボル(ティッカーシンボルとも言う)。シンボルの長さによってアセットの作成費用が変動します。
・Maximum Supply –> アセットの最大供給量
・Number of Decimal Points –> 小数点以下の桁数を決めてください。Precisionとも言う。これは後から変えられませんので、よく考えてから決めましょう。
・Core Exchange Rate –> Fee Pool内の対BTSの取引レートを決めます。関連記事: User Issued Asset(UIA)のFee PoolとCore Exchange Rateの役割

4. 銘柄の説明を設定します。

Description –> アセットの説明を英語で書いてください。
Short Name –> 任意。空欄でOK
Preferred Market Pairing –> 優先したい通貨ペアを決めます。何も記載しない場合はデフォルトの対BTSとなります。

5. Permissionタブではアセットのパーミッションを設定します。一旦オフにしたら後でオンにすることができなくなるので、ここは一切いじらないようにしましょう。(オンのままにしておきましょう)

6. アセットのフラグを設定します。フラグはPermissionがオンになっているものに関してのみ変更可能です。ここはPermissionタブと違って、一旦オフにしても再度オンにすることができるので安心してください。

・Enable Market Fee –> BitShares内取引所でトレードが行われたときにマーケットフィーを設定することができます。任意。
・Require holders to be white-listed –> アセット保有者はWhite Listされている必要があるかどうか。任意。
・Issuer may transfer asset back to himself –> アセットを発行者が回収することができるかどうか。任意。
・Issuer must approve all transfers –> アセットのトランスファーを発行者が許可する必要があるかどうか。任意。
・Disable confidential transactions –> Confidentialトランザクションを無効にするかどうか。任意。

全ての設定が終わったら、Create Assetボタンを押してください。Confirmationダイアログが出るので、Confirmボタンをクリックした時点でアセットが作成されます。

投稿日:
カテゴリー: BitShares

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です