日本の仮想通貨取引所の本来の使い方

今回は日本の仮想通貨取引所を利用する時の本来の使い方について解説していきます。そもそも日本の仮想通貨取引所が持つメリットとは「日本円」と「仮想通貨」を相互に交換できる機能にあります。

手持ちの日本円を仮想通貨にしたいとき、または手持ちの仮想通貨を日本円として引き出したいとき、こういう時は日本の仮想通貨取引所を利用する意味が生まれます。

これ以外の機能は、別に日本の仮想通貨取引所でなきゃいけない必要はないわけです。

もし、取引所に張り付いて銘柄を買ったり売ったりしているのなら、それはリスクの高い使い方をしているわけです。

少なくとも仮想通貨の世界ではそう言い切れます。

取引所に張り付いて日本円建てのキャピタルゲインを得たいだけなら、別に仮想通貨でなくても良いはずです。

FXもありますし、先物取引もありますし、株式もありますし、わざわざ仮想通貨でやる必要はありません。

もしどうしても「仮想通貨で取引所に張り付いていたいんだ!」ということなら、日本の仮想通貨取引所ではなく、BitSharesでやりましょう。

BitSharesは非中央集権型取引所なので、取引所が潰れることもありませんし、仮想通貨が盗まれるようなことを心配する必要もありません。

以下では仮想通貨取引所の安全な使い方について解説します。

仮想通貨取引所の使い方:仮想通貨引き出し編

1. 仮想通貨が引き出せる状態であることをまずは確認する。

2. 仮想通貨に換えておきたい分だけの日本円を仮想通貨取引所に入金する。

3. 日本円が仮想通貨取引所に着金したら、全額を使ってプラン通りの仮想通貨を買う。

4. 仮想通貨を買ったら、その全額をあなたの仮想通貨ウォレットに引き出す。

仮想通貨取引所の使い方:日本円引き出し編

1. 日本円が引き出せる状態であることをまずは確認する。

2. 引き出したい日本円相当の仮想通貨を仮想通貨取引所に入金する。

3. 仮想通貨が仮想通貨取引所に着金したら、全額の仮想通貨を即時売る。

4. 日本円を全額あなたの銀行口座に引き出す。

こういう使い方をすることで、GOXに巻き込まれる可能性を極力減らすことができるようになります。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽活動をしています。「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」を作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です