ビットコインでの決済はチャージバック不可である

私が商品を販売するときにPayPalを使いたくない理由の一つに割高な手数料が挙げられますが、それよりも大きな理由があります。

それは購入者によるチャージバック(組戻し)の悪用の被害に遭う可能性があるということです。私は実際に悪質なチャージバックを経験したことがあります。

PayPalでグッズを販売していたら悪質なチャージバックを起こされた

私はデシタルな商品(ソフトウェア・ライセンス)をeBayで販売したときに、購入者にチャージバックを起こされました。

PayPalは購入者が圧倒的に有利とされているサービスなので、チャージバックを起こされた時点で私のPayPal残高から取引金額分プラス手数料が勝手に引かれ、差し押さえられてしまったのです。

PayPalにより取引金額分が差し引かれたときに、私のPayPal残高はマイナスになってしまったので、PayPalからクレジットカードによる残高調整の催告が連日来たのです。本当に勝手な話だと思います。

仕方なくクレジットカードで残高をゼロに調整しましたが、全く納得がいきませんでした。

デシタルグッズの場合はseller protection(売り手保護プログラム)が適用されないということでしたのでかなり厳しい状況に立たされました。

一番の問題は、購入者が取引が終了して数ヶ月経った後になって、クレジットカード会社に対してチャージバックを起こしたことでした。購入者は確信犯であり、かなり慣れているようでした。

取引はとっくの昔に終了しているにも関わらず、購入者があとになってからチャージバックを起こしたため、こちらが忘れた頃に突然災難がやってきたのです。

ソフトウェアのライセンスキーはもう相手に渡してしまったので、販売したソフトウェアは戻ってこなく、お金だけ取り上げられると言った状況にいきなり放り込ました。

こちらもPayPalに対して異議を申したてると、PayPalはクレジットカード会社と協議を行うと回答が来ました。協議は数週間以上かかると言われました。

最終的には何ヶ月してから、忘れた頃に奇跡的にPayPalがお金を返してくれることになりました。(PayPal側が負担したのか、カード会社が負担したのかは忘れてしまいましたが…)

この場合は不幸中の幸いでしたが、このままお金が返って来ない場合もあります。

このようなことから、チャージバックは商売をしていると必ず起きますし、その場合リスクを負うのは基本的に売り手なのです。

ビットコインならチャージバックの問題は解決する

こういうとき、取引相手とビットコイン決済が可能ならばこのような状況に陥ることはありません。

なぜなら、ビットコインの場合は一度決済が完了したらチャージバックはシステム的に不可能だからです。

ビットコインを使えば、売り手は理不尽なチャージバックに対して泣き寝入りする必要がなくなります。

もちろん、その分、売り手がちゃんと責任を持ってサービスを行うことが求められますよ!

が、少なくとも代金をビットコインで受け付ける限り、悪質なチャージバックはなくなります。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です