BitSharesでは独自トークンの発行ができます

BitSharesにはUser-Issued Asset(略してUIA)と言われる独自トークンを作成することができます。

独自トークンは「IOU」という形態、または「株式/証券のような」形態として存在することができます。

「IOU」という形態

例えば、「OPEN.BTC」はOpenledgerが発行している「IOU」の性質を持ったアセットです。

1 BTCをBitSharesに送ると、OpenledgerがあなたのBitSharesアカウントに1 OPEN.BTCを入金してくれて、1 OPEN.BTCを引き出そうとすると、Openledgerがあなたの指定したビットコインアドレスに1 BTCを送ってくれて、ビットコインが現物として返ってきます。

これはOpenledgerがOPEN.BTCと現物のBTCの交換を約束している限り、成り立ちます。

同じように、あなたがアセットの発行者として別の資産の交換を約束したら、その時点でアセットが「IOU」の性質を持つようになります。

「株式/証券のような」形態

例えば、「OBITS」と言うアセットはOpenledgerが発行していますが、「株式のような」特性があります。

発行者は誰で、誰がどれだけの数量を持っているかはブロックチェーンを見れば分かるので、透明性を持ったユーザー発行型のアセットとして取引ができるという特徴があるのです。

このような「株式のような」アセットを発行して有効に利用すれば、ICOやクラウドファンディングを通して資金調達したり、証券取引所には上場することができない個人や中小企業でもBitSharesで上場することができるのです。

BitSharesでのアセット発行はEthereumのERC-20トークン等と違って、BitShares自体に取引所が付属しているので、アセットを発行したらすぐにトレードさせるようなこともできます。

アセットの発行方法は以下の記事で紹介しているので、アセットの発行に興味があれば、ぜひ参考にしてください。

BitSharesプラットフォーム上でUser Issued Asset(独自トークン)を作成する方法

投稿日:
カテゴリー: BitShares

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です