ビート販売サイトの作り方

ビート販売サイトを作る方法は複数ある。

既に完成されたシステムを使うか、自分でシステムを構築するかのどちらかになる。

既に完成されたシステムを使う場合は、Airbit、またはBandCampを使うと良い。

決済システムについては全く心配しなくても良い。その代わり、ビートが売れる時に手数料を支払わなくてはならない。それと言語が英語であることを忘れてはいけない。

対して、自分でビート販売サイトを作成するのなら、WordPressをインストールして、Woocommerceというプラグインをインストールすると良い。

決済システムのメンテナンスは自分でハンドリングを行う必要があるが、自由度が高い。

Woocommerceを導入すれば、言語を日本語にすることもできるし、仮想通貨建ての決済を導入することもできる。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です