に投稿 コメントを残す

仮想通貨に投資をするときの心構え

仮想通貨に投資するとき、目的をあらかじめ決めておくことはとても重要です。

例えば、あなたは円を増やすのが目的なのか、仮想通貨を増やすのが目的なのかを最初に決めておかなければならないわけです。

円を増やすのが目的なら、主に仮想通貨対円の取引所で取引することになるでしょう。

現物取引もできますが、どちらかと言うと信用取引でFXのようなスタイルで取引していくのが最も効率的でしょう。

円を増やすのが目的ですから、どうしても円を受け付けてくれるcentralized exchange(中央型取引所)を使うことになります。

仮想通貨のようなdecentralized currency(中央機関が存在しない通貨)をcentralized exchangeで扱うとなるとどうしてもカウンターパーティリスク(取引相手が潰れたり、逃げたり、債務不履行に陥るリスク)が伴います。

すると、リスクが高くなることから、どうしても投機の側面が強くなります。

このカウンターパーティリスクは決して無視することはできなく、むしろ本質的なリスクであることを理解しなければなりません。

ある日突然取引所が蒸発してしまうことも考えられますし、それならばわざわざ仮想通貨を取引しなくても、従来型の取引所で先物取引でもしていた方がよっぽどトレードに集中できるのです。

仮想通貨を取引していたら「円が増えたとか減った」とかを考える以前に「今日も取引所は生きてるのかどうか」を心配しなければいけないわけです。これだとトレードにフォーカスするメンタリティにはなりにくいですよね。

これはつまり、円を増やすために仮想通貨をトレードすること自体、大きなリスクを背負いながら取引していくことなので、やめた方が良いという結論に至ってしまいます。

では、もし仮想通貨を増やすのが目的ならばどうでしょうか。

仮想通貨を増やすのなら、法定通貨を仮想通貨に交換したら、その後は必ずしも円に戻さなくてはいけないということはありません。

仮想通貨を増やしていくには基本的には現物取引がメインになるでしょう。

最初の法定通貨を仮想通貨に変えるところまではどうしてもcentralized exchangeを使わないといけませんが、その後は自由に違う仮想通貨に交換していくことができるようになります。

例えばですが、円を一旦ビットコインに交換したら、その後はビットコインをBitSharesのような仮想通貨に交換することが簡単にできます。ビットコインは仮想通貨の世界では基軸通貨として成り立っているため、他の仮想通貨に簡単に交換できるのです。

BitSharesに交換したら、その後は一生円に戻さずにBitSharesのウォレットに最初から備わっているdecentralized exchange(非中央型取引所)を使って取引をしていくことが可能です。

Decentralized exchangeはブロックチェーン・テクノロジーを採用しているので、カウンターパーティリスクはありません。

ブロックチェーンを使うことで誰のことも信用せずに取引を進めていくことができるのです。

つまり、仮想通貨を増やすために仮想通貨に投資をするという目的はいたって普通の考え方なので、そういう人は仮想通貨が持つ非中央型の特性に合わせた非中央型のサービスをどんどん活用していけばいいわけです。

とにかく、仮想通貨を取引するのなら、目的は明確にしておきましょう。

コメントを残す