Drum SequencerでReasonのドラムパターン生成がより楽しくなった!

ReasonでDrum Sequencerが登場。

Kongに差し込んだり、Redrumに差し込んだり、VSTでNIのBatteryを呼び出して、ドラムを組んだりすることができる。

ハイハットをより細かく分解することもできるから、トラップなどの分野の制作にも役に立つと思う。

この動画を最初から最後まで見れば、Drum Sequencerの使い方を完全に理解できるようになるはず。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です