クレジットカードでビットコインを購入してはいけない理由

クレジットカードでビットコインを購入することはできますが、全くおすすめできません。

理由は簡単で、レートが非常に割高だからです。

これはクレジットカードの仕組みを考えると簡単に分かります。

クレジットカード会社はどうやって儲けているかというと、手数料を売り手に課すことで利益を出しています。

ということは、売り手はクレジットカード会社が課してくる手数料と、その上に自分達の利益分をビットコイン価格に乗せないと採算が合わなくなってしまうということです。

ということは、ビットコインをクレジットカードで買おうとしているあなたは、クレジットカード会社が課してくる手数料と業者が課してくる利益分の二つ分を一人で支払っていることになるのです。

一人でダブルの手数料を払うなんて、その時点で考え方をもう完全に間違えています。

そんなことするんだったら、最初からビットコイン取引所やビットコイン交換所にお金を振り込み、キャッシュでの取引をするようにしてください。

知らないことを知らないままにしておくと、これからも損し続けますよ。知識をつけましょう。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です