Genx Beats

音楽制作と配信に関する情報サイトとコンサルティング

トラック販売

労働に関するリソース配分と課金ポイントを考えること

お客さんにミックスサービスやマスタリングサービスやトラックカスタマイズなどを承ると、それ自体が作業である上に、納品後も修正依頼など追加で行ってくることがあります。

これらの事柄は全て実際に作業が発生しますから、リソース配分や課金ポイントをあらかじめ考えておかないと自爆します。

リソース配分:「既にもらった金額であと追加でこれくらいの作業が発生するけど、今いるエンジニアのアウトプットだけで約束通りデリバリーはできるのか?」

課金ポイント:「あといくらもらわないと、エンジニアに払ったらあとこっちが赤字や。」

こういうポイントをちゃんと見て潰していかないといけないんですね。

自分がビートメイカーとエンジニアを兼ねている場合だとお客さんに対してサービスしがちになりますが、

ここはあなたが他のエンジニアをお金を払って雇っていると想定してください。

お客さんからもらった代金からエンジニアに払った後に、少なくとも残金がブレイクイーブンになるか見ていかないとサステイナブルなビジネスではありませんからね。

お客さんはなるべく予算を固定したがり、その範囲内でなるべく多くこちらを動かそうとします。

しかも完成品を求めます。

でもエンジニアリング側には作業が発生しますから、固定費ではデリバリーを約束できないものもあります。

その場合は時間制で課金する必要も場合によっては出てきますね。

また、「これくらいの時間はかかるだろう」と見積もりを出すことができても、

実際にやってみた時に思ったより時間がかかるということもあります。

そういうことで、時間制をお客さんが許諾すると、当初より多く支払わなければならなくなるので、お客さんにとっては不利ですね。

だからお客さんは時間制を嫌がったり、早くしろとブーブー言うこともあります。

ここは折り合いをつけてやるのか、お客さんに条件を飲んでもらうのか、こっちがサービスで働くのか、全てはあなたの裁量次第です。

だから、ネゴシエーションをする力、断る力、それとお金をお客さんからもっともらうという「受け取る力」を強化させていく必要があります。

これはノウハウではなく、勇気とそれと自分の中にあるお金を受け取る器が関係していますから、

文章を読んだだけで身に付くわけではありません。

だから、あなたがお客さんと対応している時に、お金に関する「いやーな気持ち」が湧いてきたら、なぜそれが湧いてきたのかを思い出して、

紙に書き出して、理由を明らかにする必要があります。

「いやーな気持ちは」過去に起きた出来事や誰かに言われた冷たい一言が原因でネガティブなビリーフが心の中に発生しているから起きるわけで、

そのビリーフを根本的に潰さない限り、お金を受け取る器を広げていくことができません。

だから、ビリーフを変えようと思う時には、自分の過去を思い出す必要があって、何が原因だったかを見ていく過程で

自分と向き合うということが必要になるので、

それが怖くてビリーフを変えられないで失敗するというパターンが多いわけです。

だからこそ、恐怖を乗り越える勇気もここで必要なんですね。

労働が発生することに関しては、ちゃんとリソース配分と課金ポイントは考えよう。

そういうことです。

色々考えることはありますが、一つずつ着実に上を目指していきましょう。

Special Thanks:
Photo by Pepi Stojanovski on Unsplash

Genx Beatsのメルマガへの登録はこちら。

-トラック販売

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。