Rogue AmoebaのLoopBackがいいね

Mac内部のオーディオ・ルーティングに関しては長らく「SoundFlower」を使っていたのですが、SoundFlowerをOutputにすると何から何まで遅延してしまうのがずっと気になっていました。

YouTubeを見ているだけで口と音声がズレ始めたりするし、SoundFlowerはもうそろそろやばいと思っていたところでした。

何とかならないかなと考えていたところ、Audio Hijackで有名なRogue Amoebaが「LoopBack」というソフトを出していることを知ったので、それに変えてみたところ、完璧なまでに遅延が収まりました。もう速攻買いましたよ。

LoopBackはLadioCastと組み合わせると色々なことができそうな予感がします。

あぁ、良い買い物をした!

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です