本当は音楽がやりたいサラリーマンへ

たまに電車に乗って、横に座るとサラリーマンの格好してビートメイキングしている人に遭遇します。

空き時間にビートメイキングをしているのは素晴らしいことですが、本気で褌を締めてかかって、サラリーマンをやめられるような仕組みを作り出せば、サラリーマンをやめることができ、ビートメイキングに使うことができる時間が劇的に増えるわけです。ですから今からサラリーマンをやめられる仕組みを考え出すことをおすすめします。

サラリーマン以外の収入源を作れ

「音楽業界」でも「音楽業界の外」でも良いので、サラリーマン以外のところから収入を得られるような仕組みを作りましょう。まず、お金は「働かないと稼げない」という思考は取り除くようにしてください。これは社会の刷り込みです。お金は働かなくても稼ぐことができます。インターネットがある現代では、あなたがいなくてもお金が自動的に入ってくるような仕組みを作り出すことができます。まずはその事実を頭の中に叩き込んでください。

あなたが初めにその仕組みさえ作っておけば、お金は自動的に入ってくるようになるわけですから、他のことに時間を取られずに、音楽というクリエイティブワークに集中できるようになるのです。そして、収入源さえあれば、心の安心を保つことできるので、クリエイティブワーク自体からお金が入ってこなかったとしても死ぬわけではないので焦る必要がなくなるのです。

ですから、自分が働かなくても収入を得られる方法を確保するのは、音楽でやっていきたいビートメイカーやミュージックプロデューサーにとっては必須の思考です。

タイム・イズ・マネーじゃなくて、タイム・イズ・ライフだよ

人生はお金ではなく、時間で構成されていることに気づきましょう。

死んだらお金は天国には持っていけないわけですから、生きているうちにやりたいことやらないと意味がないわけです。だからサラリーマンをやっていて、それが理由でやりたいことがやれていないのなら、それ自体が本末転倒なのです。

でもサラリーマンを辞めたら、お金を稼げなくなるし、生きていけないから仕方なくサラリーマンをやっているというミュージシャンは、今が脱皮するチャンスです。自己啓発しましょう。お金に対する考え方を変えましょう。お金を稼ぐ仕組みを自分で作りましょう。もう会社に頼り続ける時間は終わりですよ。自分の未来は自分で切り開いていかなければなりません。

全てを変えると決めてください。全てはここから始まります。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です