ビート売るなら早く始めよう

ビートを売りたいとは言うものの、やり方が分からない等と言って、なかなか始めない人がいるけれど、

ビート売るなら早く始めた方が良い。

日本でビートを売るならまだまだ全然余裕があるというか、

ビートを売る文化がそこまで発達していないから、

日本ではまだまだ伸びしろがある。

それに、善は急げって言うじゃん。

やり方が分からないではなくて、やれば分かるよって話。

完璧な状態を先に作るんじゃなくて、

完璧じゃなくても良いから始めて、

そこから修正していくくらいの気持ちでいた方が良い。

やらなきゃ始まらないよね。

Airbit、またはBandCampを使えば今からすぐに知識ゼロでストアを開設できるんだからやるっきゃない。

売り始めないと、作るビートはどんどん埋もれていくし、

何よりも、時間だけ経っちゃうって話。

だから、やるなら今でしょってことさ。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です