Steem 優良記事を投稿して報酬がもらえるブロックチェーンベースのソーシャルメディア

Steemは優良コンテンツを投稿することで報酬を得ることができる、ブロックチェーンベースのソーシャルメディア・プラットフォームです。

Steemのサイトはsteem.ioですが、Steemのアプリケーションの一つとしてメイン稼働しているコミュニティサイトはsteemit.comとなります。

Steemit.comでは、クリエイターがプラットフォームに対して優良な記事を投稿し、他のユーザーからUpvote(いいね)を多く得られれば得られるほど報酬がもらえる仕組みになっています。ただし、誰からUpvoteをもらっても報酬がもらえるというわけではありません。

Steemには3つの形態があり、Steem、Steem Power、それとSteem Dollarがあります。SteemはSteemit.comのサイト上、サイト外に動かすことができる、流動性のある形式の資産で、Openledgerなどの取引所に持ち出して売買することができます。Steem Powerは定期預金状態のSteem、つまりすぐには引き出せないSteemの形式の資産であり、引き出しの申請をしてから全部引き出せるまでには大変時間がかかります。Steem Dollarは安定した価値の仮想通貨ということで、1 Steem Dollarは「1米ドル相当のSteem」にペッグした形式であり、Steemと同じく流動性のある形式となります。(Steemit.comにはSteemとSteem Dollarを相互に交換することができる専用の取引所が付属しています。)

ブロックチェーンはキュレーターとクリエイターに対して「50% Steem Power」「50% Steem Dollars」という形式で払い出します。Steem Powerを持つ人は票入れする権利を持ち、「本当にいいね!と思える記事にだけちゃんと票を入れる」ことで目利きが良いキュレーターとして報酬がより多くもらえ、記事投稿者は「本当にみんなにいいね!って言ってもらえる素晴らしい記事だけをちゃんと書く」ことで世界に貢献したクリエイターとして報酬がより多くもらえるという仕組みなのです。

逆からいうと、キュレーターからすると、質の悪いコンテンツにいいねをしても自分の得にはならないのでやりませんし、クリエイターも質が悪いコンテンツを投稿しても報酬がもらえないので、お互いに対して自浄作用が働くというか、結果的に良いコンテンツだけが集まりやすくなるということなのです。

この仕組みの裏側を解説すると、「優良コンテンツが一箇所にプールすれば、これらのコンテンツが時間が経つ毎にGoogleやSNSで拾われていき、サイト訪問者が増えていき、サイトの価値がRedditのように自然に高まっていくでしょう」というプランで行われているのです。サイトの価値が高まれば、サイトにマネタイズの仕組みをいくらでも組み込んでいくことができるので、そのような状態を作るべく「自動的に優良コンテンツが膨らんでいく巨大サイト」を目指してサイトが開発されたというわけです。

また、Steemのブロックチェーンを開発した「Dan Larimer」はBitShares(Openledger)プラットフォームを開発した人でもあります。したがって、SteemとBitSharesの連携は時間が経つ毎に強くなっていくと言えるでしょう。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です