ビットコインの価格が上下する理由

ビットコインの価格が上下する理由は需要と供給のバランスが常に変化しているからです。

市場には投資家、投機家、ビットコインの現物が実際に必要な人など、思惑の違う人達が入り混じっています。それぞれの思惑の違いが需要と供給のバランスの変動する原動力となり、それに合わせて価格が変動していきます。

また、同じ原資産を扱う別の取引所では別のオーダーブックを使用しているので、取引所間で価格差が発生することがあります。

価格差が生じたら、自然発生的に裁定取引(安いところで買って、高いところで売って利益を出す取引)を行う者が現れるので、複数の取引所同士が影響(連動)しあって、価格が調整されていきます。裁定取引のことを英語でアービトラージと言います。

さらに、暗号資産の種類によっては採掘で供給量が増えていくものやハードフォークを介して新たに作られる暗号資産もあるので、力バランスが刻一刻と変動し、価格が変動するといった現象が起きます。

これがビットコインの価格が日々変動していく理由です。

作成者: Genx(ゲンクス)

当サイトの管理者です。音楽作っています。フリー音楽素材を配布したり、音楽素材のライセンスを販売したりしています。また、「ブロックチェーンを活用して音楽活動できないかな?」と模索しながらやっています。LBRYやAudius等のブロックチェーン型プラットフォームに進出したり、BCHブロックチェーンで「ASOBIトークン」という名前の独自トークンを作って配布したりしています。よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です