カテゴリー
ビート販売

販売するビートの数が多すぎるのも問題だ

今日は、

より多くのビートを買ってもらおうと、ビートを量産するのも良いけれど、

販売するビートの絶対数が多いのも問題であるという話をします。

あなたはジャムの法則というのはご存知ですか?

これはとある実験によって導き出された法則のことなんですが、

「選択肢が多いときは、少ないときよりも判断を下しづらくなる」ということを証明するものです。

で、実験で何をしたかというと、

6種類のジャムを用意したテーブルと24種類のジャムを用意したテーブルの2つを用意して、

どちらのテーブルでも同じ数の人に試食をしてもらいました。

この時、6種類のジャムを用意したテーブルでは、30%の人がジャムの購入に至りました。

でも、24種類のジャムを用意したテーブルではどれだけの人がジャムの購入に至ったかというと、

なんと3%の人しか購入しませんでした。

これがどういう意味かというと、「人は多くの選択肢を与えられると、「選択しない」という選択をする」ということです。

24種類のジャムを用意したテーブルではあまりにもジャムの数が多かったので、どのジャムを買えば良いか分からなかったので、お客さんは「買わなくていっか」という選択をしてしまったということです。

この法則を考えた時に、ビート販売サイトにも当てはまります。

選ぶビートの数が多いと、どのビートにしようか迷って、結局買わずに帰ってしまう可能性が高まるのです。

逆に、選ぶビートの数を適度な数(迷わないほどの数)にとどめておくと、顧客の選択するためのストレスを減らすことに繋がり、購買に繋がりやすいということです。

ですから、40ビートを販売しているサイトと800ビートを販売しているサイトだと、

お客さんはどうしても800ビートの中から選ぶのが面倒臭くなって、帰ってしまう可能性が高まるので、

40ビートを販売しているサイトの方がうまくいきやすいのです。

このようなことから、ビート販売サイトに配置するビートの数は「適度な数」にとどめておいた方が売れやすい、と当サイトでは考えています。