Genx Beats

音楽制作と配信に関する情報サイトとコンサルティング

トラック販売

あなたが探しているラッパーはどこにいるのか?

あなたが探しているラッパーはどこにいるのか?

結論から言ってしまうと、どこからでも見つかります。

今どき、インターネットが発達していますから、プロアマ問わず、ラッパーはどこにでもいます。

じゃそのラッパーをどうやって見つけるかといったら、

答えは、「もう既に引き寄せています」。

となります。

どういう意味かというと、

あなたが作ったビートの種類やジャンル、

あなたが使っているビートのアートワーク、

ビートのタイトル付け、

ウェブサイトの有無、ソーシャルメディア上でのプレセンス、

ビートストアの色、雰囲気、曲数、並べ方、メルマガがあるのかないのか、

ブログはあるのかないのか、

自己紹介動画はあるのかないのか、

あるとしたらどんなことをしゃべっているのか、

どんな服装をしているのか、

日本語でやってるのか、英語でやってるのか、

もうあなたのやっていることのありとあらゆることが、あなたの波動であり、

あなたに合う人を引き寄せています。

だから、あなたが望んでいるタイプのラッパーが出てこないのなら、そういう人を引き寄せる要素が出ていない、全く違う要素が出ているということですね。

もし望んでいる客層を変えたいのなら、リブランディングを行って、行っていることを変えれば、それに伴って引き寄せられてくるアーティストの種類が変わってきます。

ですから、あなたが探しているラッパーはどこにいるのか?どうやって見つけるのか?

って言う質問が出てきた場合、

もう既にあなたに引き寄せられているということを知ってください。

それが望んでいる客層なら、そのまま続けましょう。

それが望んでいない客層なら、自分のやっていることを振り返って、見直すようにしましょう。

そもそも人が見つからないのなら、そもそも自分でわざわざ見つからないようにしているのかも知れませんよ。

それだけです。

シンプルなので、そんなに複雑に考える必要はありません。

では、今日はこの辺で。

Special Thanks:
Photo by Clay Banks on Unsplash

Genx Beatsのメルマガへの登録はこちら。

-トラック販売

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。