に投稿 コメントを残す

世界の取引所で仮想通貨をトレードする方法

まず、大前提として、日本円から仮想通貨を買える状況にある方に対してお届けします。

まずはcoincheck等の取引所にアカウントを作って、日本円を入金してください。

その後、日本円を仮想通貨に変える作業に入るんですが、多くの人はBTC(ビットコイン)に変えがちです。

でもね、ビットコインって今価格がすごく上がっていて、それに伴ってネットワークフィーもとてつもなく上がっているわけです。

だから小さい金額を使ってビットコインを買って、それを取引所から引き出そうとすると、ネットワークフィーだけで結構持っていかれてしまうので、削られます。

だから、日本の取引所から取り出すために便利な仮想通貨を紹介しますが、私は「ビットコインキャッシュ」が良いと思っています。

ビットコインキャッシュならネットワークフィーがとても小さいので、取引所から仮想通貨を引き出す時にも大きく削られてしまうということがありません。

で、次ですが、日本円をビットコインキャッシュに変えて、その後、coincheckから仮想通貨を引き出す作業に入るわけですが、

どこに出すかというのがあります。

それは二つ。

一つは「ビットコインキャッシュ」を保管できるウォレットを用意すること。それは「bitcoin.com」ウォレットがおすすめです。

二つ目は「Binance」という取引所です。Binanceはcoincheck等の日本の取引所に比べてリスティングされている仮想通貨の数が桁違いに多いです。

しかも大人気の取引所なので、多くの新しいコインやトークンが続々リスティングされていきます。

だから、好きな銘柄を見つけて、投資することができるようになります。

そういう意味でもBinanceに送るのはおすすめです。

Binanceにビットコインキャッシュを送ったら、ビットコインキャッシュから直接他の銘柄に変えるのはできないので、一旦BUSDに変換しましょう。

1BUSDは1米ドルと考えて良いです。

なので、BCH/BUSD市場で一旦BCH(ビットコインキャッシュ)をBUSDに変換して、その後、お好きな銘柄を買うという方法がおすすめです。

今日は仮想通貨現物(Spot取引)について解説しました。

質問があったら、ぜひ送ってください。

コメントを残す